スマートフォンサイトを表示する

外壁塗装・屋根塗装・塗替え・リフォームなど新潟市で塗装工事のことは新潟の風土を知り尽くした髙志美装工芸にお任せください。

外壁塗装・屋根塗装工事専門 髙志美装工芸>事業内容>外壁・屋根塗装

外壁・屋根塗装

外壁塗装

外壁の塗り替えって必要なの?

現実はすぐ塗り替えなければいけない、という家はそんなに多くないのです。が、
当社が定期的な外壁塗り替えを勧めするのは2つの理由からです。

「今すぐ外壁を塗り替えた方がいいです。でないと・・・・・」と不安にさせるのは悪徳な業者の常套手段なのです。
現実はすぐ塗り替えななけれは家はそんなに多くないのです。ただし塗装は徐々に劣化しますので定期的な塗り替えは必要なのです。
塗料の性能自体も良くなりましたので、大体10~13年が理想の塗り替えサイクルではないでしょうか。

外壁を定期的に塗り替える大きな理由は2つあります。

  • 理由その1見た目を美しく保つ
  • 理由その2建物の保護、強度を保つ 

一つ目は外観の「見た目を美しく保つ」ためです。家も新築して5年も経てばずいぶん汚れてきます。
家の外観が汚れていると「みっともない」ととらわれがちになります。

厳しい環境イメージもちろん人によっては汚れが全く気にならない方もいらっしゃいますが、そんな方にも見た目だけではなく、塗り替えなければならない本当に大切なもうひとつの理由があることをお伝えします。
それは「建物を保護」するためです。定期的な外壁の塗り替えは家の寿命を延ばすためにも必要なのです。

特に屋根や外壁は年中強い日差しや風雨、雪、台風といった厳しい環境下にあります。その厳しい自然環境の中で大切な家の寿命を延ばすのがほかでもない「塗装」なのです。
現在、外壁はモルタルかサイディング材といったものが主流で使用されています。これらはこういった環境下での使用を前提に作られ、それに見合った塗装が施されているからこそ頑丈なのです。

塗装の役割って?

外壁や屋根を塗装することで日光、紫外線、雨風といった自然のチカラから大切な家を保護します。

劣化が進み雨などが建物内部へ入り込むと、屋根や外壁の張り替えなど大きな補修工事が必要になってしまいますので、そうならないように
新たに塗料の膜でコーティングして建物を守る役割があります。

その他、見た目を替えるために別の色で塗装をすることでイメージチェンジの効果もあります。

お宅は大丈夫?早速チェックしてみましょう!

チョーキング
太陽光などの影響で塗膜が劣化して、塗膜の粉が手に付くことです。
この粉が付くようですと防水効果は無くなりつつあります。
木部の浮きはがれ
風雨や太陽光により気が伸び縮みして塗膜の浮き、剥がれが発生している状態。
放っておくと、雨漏り、シロアリ被害の原因になります。
雨樋の劣化
雨樋は塩化ビニール製のものが多く、太陽光などの影響で変色、変形してしまうことがあります。
取付金具のサビ、折れの発生は雨水を上手く流せず、外壁、鼻隠し、破風等の劣化が進みやすくなります。
変色
塗膜が太陽光やコケで変色することがあります。直接ではありませんが美観上あまり好ましくありません。
ひび割れ
地震、地盤沈下などの影響により建物に歪み、ひび割れが発生します。
これらのひびから雨水などが内部に染み込み、建物を腐らせ、シロアリ原因になりやすくなります。
鉄部分のサビ
鉄部分は塗料が劣化してくると、錆が発生しやすくなります。発生した錆を放っておくと、穴が開いて雨漏りの原因になります。
シーリングの劣化
紫外線などにより、弾力性が無くなりヒビ割れが発生します。放っておくと、雨水で柱などが腐ったりシロアリ原因になりやすくなります。

屋根塗装

防水工事(屋根・屋上・ベランダ・バルコニー)

雨漏りやシロアリの発生

屋根、屋上、ベランダ、バルコニーは新築当初きちんと防水処理されて
いたとしても、
年月の経過とともに劣化し傷んできます。
髙志美装工芸では屋上やベランダの防水塗装も承ります

放っておくと雨漏りやシロアリの発生など家の構造にも悪影響を及ぼします。
また、軽度の劣化であれば費用が抑えられますので大きなトラブルになるまえにしっかりとしたメンテナンスをすることが必要です。ベランダやバルコニーは歩行する機会も多いと思いますので、きちんとした防水処理をすることをお勧めいたします。

当社では通常の外壁塗装、屋根塗装に加えより専門的な防水工事も承っておりますので、下記の点で気になる事項があれば是非お問い合わせください。

チェック!こんな状態なら防水工事のご検討を

  • 表面の傷、ひび割れが目立ってきた
  • 荒れ、剥がれ、色褪せがひどい
  • 表面が浮いてきた?波打っているようにデコボコしている
  • 最近排水がうまくいっていないようで雨水が溜まっている
  • 前回の工事(もしくは新築時)から10年以上経過している

施工方法には次の4種類があります。

1.ウレタン防水(通気緩衝仕様)
一般的な防水工事で防水層が軽く、建物に負担をかけません。複雑な形状をしている箇所も対応可能で、継ぎ目なく防水面を形成できます。表層(トップコート)の定期的な塗り替えで、長期的な劣化防止が可能です。
2.FRP防水
耐酸性が高い防水工事で劣化の大きな原因である紫外線、酸性雨から防水層を保護します。他の工法よりも短時間で硬化するため短期間での施工も可能です。
3.ゴムシート防水/塩ビシート防水
接着剤でゴムシートを固定する工法で屋上などの工事に多く採用されています。施工性が高くコストも抑えることが可能ですが、ゴムシート端の処理が難しいとされていますので注意が必要です。
4.アスファルト防水
スピーディに防水層を形成できる施工性、耐久性に優れています。短時間で防水層になるという施工上のメリットがあり、水密信頼性も高く長期的な防水効果が持続します。

板金張替工事

お客様の家の屋根・外壁・雨樋は傷んでいませんか?
板金張替工事でお家の屋根・外壁のメンテナンス

外壁や屋根は、家のなかでも雨・風・直射日光の影響を常にうけている最も傷みやすい箇所と言えます。

外壁や屋根のメンテナンスは塗装だけではなく、雨漏りやシロアリなど家の構造に影響を及ぼさないうちに
早めの張り替え工事をすることで将来的な費用の負担を軽減することも可能です。

外壁工事には、「張り替え」「カバー工法」など、以下の方法がございます。
お客様の家の状況や予算に合わせた工事方法をご提案いたしますのでお気軽にご相談下さい。

1.屋根材の張り替え
現在の屋根材を剥がして、新しい屋根材を張る工法。下地の状態もすべて確認できて、確実な方法ですが作業コストは比較的高くなります。
2.既存屋根の上にもう一枚屋根材を葺く(カバー工法)
既存の屋根の上に下地処理を施し、新しい屋根材を葺く工法。屋根自体が二重になりますので断熱性・遮熱性・防音性の向上が期待できます。工期も比較的短くできます。
3.屋根材の塗り替え
新築後、約10年程度で塗り替えをするのが目安とされています。実際に見て色あせ、変色、艶が無いなどが確認できた際はまず塗り替えをご検討ください。
4.部分補修
雨漏りの原因となっている部分が分かっている場合、その箇所のみピンポイントで補修する方法です。緊急の場合などには最適で、比較的安価で施工できます。

外壁塗装、屋根塗装のご用命は髙志美装工芸にお任せください。

通話無料0120-980-340

お気軽にお問い合わせください。資料請求・お問い合わせ アクセス
マップ
【施工対応エリア】
新潟市全域(新潟市西区、新潟市北区、新潟市東区、新潟市中央区、新潟市江南区、新潟市秋葉区、新潟市南区、新潟市西蒲区)、新発田市、三条市、阿賀市など。
上記以外もお気軽にお問い合わせください。
TOPへ戻る